天神の歯医者での予防型歯科診療とは

昔、歯医者に行く時は虫歯になった時というのが当たり前でした。

わざわざ虫歯にもなっていないのに歯医者に行く人は少なかったかもしれません。

でも現在は予防歯科という分野が確立され、虫歯にならないような診療が行われている歯医者も多いです。

天神でも同じで予防型歯科診療が増え、お子様はもちろんお年寄りも入れ歯にならないように自分の歯を残していく治療が増えています。

そんな歯医者に行くとどのようなことをするのでしょうか、まずは、現在の自分の歯の状態を徹底的に調べられることが多いです。

例えば、虫歯がある、歯石が付いている、磨き残しが多い、歯槽膿漏である、歯並びが悪く矯正が必要など歯の状態によって様々です。

予防型の歯科診療ではこのような歯の問題点を解決した後に虫歯などにならないような治療が行われます。

虫歯も無くほとんど何も問題が無いような人でも歯石が付いたりしていることは多いので歯石を取ることからはじまることもあります。

天神の歯医者でも予防歯科を行う際は治療計画を患者さんごとに作成し治療が行われていきます。

何も問題が無い場合でも予防型歯科診療の場合は1カ月か3カ月ごとに通院が必要です。

現在の歯の状態を確認する他、治療の成果を観察し自宅で行うデンタルケアの状態もチェックします。

磨き残しなどが多い場合はブラッシング等の指導も行われるのです。

このような事を続ける事で歯を綺麗にするという意識が高くなっていきます。

それにより虫歯ができにくくなる他口の中のトラブルも減っていきます。

This entry was posted in 天神の歯医者現在予防型. Bookmark the permalink.

Comments are closed.